【映画】キングダムを見にいってきた感想

こんにちは。
えみです。(emicc4)

G.W.が始まりあっという間に後半に入ってきましたね。

わたしは4月27日から10連休ですが、(現在5月2日)これといってどこにも出掛けていません。

ブログを書いたりDVDを見たり、あとはTwitterで時間の大半を費やしていました。

「このままだと、あっという間に休みが終わってしまう…。」

というわけで、昨日「映画でも見にいこう!」と思いたち出掛けました。

 

いま上映中で面白そうなのは「アベンジャーズ」「名探偵コナン」「キングダム」

その他にもいくつかありますが、わたしは「キングダム」を選び見に行きました。

わたしの個人的な感想をお話したいと思います!

 

そもそも『キングダム』とは?

雑誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で、2006年間から13年間連載中の人気漫画。

単行本は54巻まで刊行されています。(2019年5月2日現在)

戦争真っただ中の、春秋戦国時代の中国が舞台となっています。

「大将軍」を目指していく少年と、後の始皇帝となる若き王の、活躍を描いた中国時代劇です。

昨年、単行本50巻達成を記念して実写映画化が発表され、今年4月から全国で上映が始まりました。

 

映画キャスト・動画

信:山崎賢人 えん政(漂):吉沢亮 楊端和:長澤まさみ 河了貂:橋本環奈 成蟜:本郷奏多 壁:満島真之介 昌文君:高嶋政宏 騰:要潤 魏興:宇梶剛士 王騎:大沢たかお

 

 

キングダムを見た感想

わたしは原作は見たことはありませんでしたが、控えめに言って…

 

めちゃ面白かったです!

 

わたしは映画というのは最初の5分間を見て、引き込まれるか否か決まるものだと思っています。

ストーリーもさることながら、途中のアクションシーンで「うわっ!」と身を乗り出すところ。

山崎賢人さん扮する主人公、信の「ぷぷっww」と思わず吹き出してしまうところ。

あまり詳しくお話しするとネタバレしてしまうので控えますが、見ていて飽きさせない展開で、あっという間の2時間でした。

原作を知っている方には、また違った見方があるのかもしれませんが、初めて見る方にとっても楽しく鑑賞できる作品になっているかと思います!

迫力あるアクションを、ぜひ劇場でごらんください ♪

 

◁ 前の投稿


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です