【必見!】米ドルの最強ファンダメンタルは・・・消費税の増税!?

こんちゃ!
えみです。(emicc4)

いよいよ「平成」も、残すところあとわずかとなりました。

昭和生まれの私としましては、再び新しい時代に立ち会えることに、とても興奮しております!

新元号に変わることで、国内お祭りモードになって、景気も上向きになっていってほしいものですね。
※追記 : 新元号は「令和」になりました!!

 

さて、みなさんは平成元年に施行された、私たちの生活に大きな影響を与えた税制を覚えていますか? そう…

 

 

消費税です。

 

 

消費税の歴史、増税前後の消費の変化

消費税が導入されて、もう30年が経つんですね。

この30年で、消費税は導入を含めて3回引き上げられました。

消費税の歴史を遡ると、ざっとこのような感じになります。

 

1989年 4月 消費税導入 3%

1997年 4月 消費税引き上げ 5%

2014年 4月 消費税引き上げ 8%

2019年 4月 消費税引き上げ 10%(予定)

 

クミチョー
なんだか、日本は税金大国になってきたな…!!ますます住みにくくなるじゃないか…。

えみ
でも、先進国の中では10%で普通ぐらいかな?アメリカや韓国がおよそ10%ぐらいだね。北欧だと20%超えている国もあるよね。笑

クミチョー
に、20…!ありえんっ!!一体どこまで上がっていくんだ…。

えみ
もともと、社会保障を賄うために必要な税金として消費税は作られたからね。これから高齢化が進むにつれて、いまの税金では賄えなくなってきてるんだよね…。

クミチョー
ぐぬぬ・・・。じゃあ、今のうちに買い溜めしておかねばっ・・!!

えみ
笑笑。でも実際、増税前には、駆け込みでまとめ買いする人が多いっていうデータはあるよ。増税後は消費は落ち込むみたいだから、小売店は値引きとか、色々と工夫するみたいだね。

クミチョー
そりゃそうだろな‥。100万円持っていても、実際に買い物すると90万円分しか買えなくなるわけだからな‥。

 

 

消費税増税と為替との関係

 

消費税の増税は、個人の消費や、小売店の売り上げに変化をもたらします。

そして…

増税は為替に対しても大きな変動要因となります。

 

 

消費税が増税されたあと、実は…毎回「円安」になっています。

それも、かなりの期間、大きく。

一般的に、「増税」→「日本の財政が良くなる」→「国内・海外の投資家が円を買う」→「円高」

このようなフラグがたちそうなんですが、実際のところは・・・

えみ@脱ぐフルエンサー作 増税チャート

 

大幅な円安。

 

なぜ、円安になるのか…。

実質、物価が上がるわけだから「円」の価値が下がり円安になるとか、物価上昇→実質金利の低下→円安とか、いろいろと言われています。

ですが、過去3回とも大きく円安になっているのは事実。

平均すると、施行時から天井までで平均26円ほど。

クミチョー
に、26円・・・!?FXだと…2600pips!!?? とんでもないな!!

えみ
そうだよね。仮に、1口(枚)45,000円で投資したとして…25万円。5.5倍だね。笑

クミチョー
しかも、よく見ると…前回、前々回の増税時は、増税になる半年前から上がっているよね。前回で50円、前々回は…70円!?

えみ
まぁ、どちらも1ドル70円台からの円安の流れで増税になったからね。今回とは少し事情が違うかな。笑

 

前回がそうだったから、今回もそうなるとは限りません。

為替は世界の経済情勢や、各国の金融政策が影響しますので、いろいろなファンダメンタル分析があります。

ファンダメンタル分析とは、経済の基礎的条件を盛り込んだ分析のことを指します。

 

あくまで、わたしの個人的見解ですが、消費税増税は「円安」のスタンスで臨もうと考えています。

えみ
わたしは来月から少しづつ、「米ドル」を買っていこうと考えているよ。

クミチョー
えみFXはドル買い方針だな…。ラジャー!!

▽ 【無料FXサロンやっています】 ▽

FXで公開運用を始めます…!!『えみのFX』

2018.11.10

 

【私のおすすめFX会社】

DMM FX

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

1.FX業界最狭水準のスプレッド
「全20通貨ペア」

2.初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」

4.安心安全の『全額信託保全』導入済み
「2つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」

5.業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に

DMM FX公式サイトへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です