えみ雑記-18 お前、ネカマだろ!という話

こんちゃ!
えみです!!(emicc4)

みなさん、SNS疲れしてませんか?

わたしはフォロワーさんが増えていくにつれ、タイムライン数も増え、消費時間もぐんぐん増えていきました。

インフルエンサーと呼ばれている方々は、私なんかとは比べようにならないくらいの通知件数でしょうから、改めて「すごいなぁ…」と感嘆しますね!

 

さて、そのフォロワーさんからなのですが、ある方に今日初めて言われました。

 

 

お前、おっさんでしょ?

 

 

うおっっっ!!!Σ(゚Д゚)

 

 

突然のことで「・・・えっ?」って感じで、スマホの画面を見ながら固まってましたが、数秒後に笑いがこみ上げてきました。

 

その時の様子

ネカマとは、姿が見えず素性がわからないネットワーク社会の匿名性を利用して、男性が女性を装うこと及び装っている人、またその行為。「ネットおかま」が略語化されて出来た言葉で、インターネット以前のパソコン通信時代から用いられている。法学者の白田秀彰によれば、インターネットの黎明期から男性が女性を装う事例は存在しており、(当時は女性の利用者が極端に少なかったこともあって)女性であると自称しているものがいればまずネカマであるか疑うのが常識であったという。PUBGなどチャット機能やボイスチャット機能、プレゼント機能があるオンラインゲームによく発生する

ネカマの対義語として、ネカマとは逆に「女性が男性を装う」ことをネナベという。「ネットおなべ」が略語化されて出来た言葉であり、ネット上の匿名性を利用する点でも共通である。

匿名の上に成り立っているネットワーク上で男女の判別に意味があるのかどうかはともかく、ネカマは一部の利用者には忌み嫌われている。しかし相手の積極的な協力がない状態で確実に判別する方法はなく、またネナベも存在することから、どの程度の利用者が現実の性と違う性を装っているかは結局のところわからない。

 

 

そして、その数分後・・・

 

 

 

喜んでいいものか・・・ww

 

いまや、ネット使用比率は男女ともにそんなに変わらないし、女性ブロガーも、はあちゅうさんのように、10年以上前から続けてる人だっています。

まぁ、疑う人は疑い続けるんだろうし、それでも別に構わないとも思います。

 

話は変わって「お知らせ」です。

以前からこのブログに「温泉日記」を投稿していましたが、別サイトに移転しました。

ぜひそちらも、応援宜しくお願いします♪

ただし、18禁サイトになっていますから未成年の方はご遠慮ください。

えみ
かなり毒吐いてるから閲覧注意だよ!アダルトサイトだから・・・♡

クミチョー
な、なんだとっ!!い、いっそげ~!!!

 

前の投稿 ◁   ▷ 次の投稿

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です