相場の種類・分析方法-4 三尊天井と逆三尊は強いシグナル

こんちゃ!
えみです(emicc4)

今回は、チャート分析の中でも、必ず覚えておいた方が良い型を紹介します。

 

三尊天井(トリプルトップ)

逆三尊(トリプルボトム)

 

FXをやっている方なら、知っている方は多いでしょうし、出現頻度は少ないですが、出ればかなり強いシグナルです。

三尊天井、逆三尊の型に関しては、以下の記事に詳細が載っています。

チャート分析②

2018.06.27

 

では、三尊天井・逆三尊の型を理解した上で、下のチャートをご覧ください。米ドルの日足チャートですが、どこに型があるか分かりますか?

 

逆三尊が1つあります。

さて、どこでしょうか…?

 

 

ラインを引っ張ってみると「あーなるほど」ってなりますよね。オレンジ色がネックラインです。したがって、ネックラインを抜けた白い丸の地点が、買いエントリーとなります。

通常、三尊天井は上昇トレンドの最後、逆三尊は下落トレンドの最後にでます。

 

騙しもあるし、ラス押し(ラス戻り)もあるので、要注意

三尊天井・逆三尊は、普通のトレンド転換ではなく、かなり強い転換線といえます。トレンドに乗れば大きな波に乗っかる可能性も高いです。

ただし、騙しやそう見せかけてのラス押し(ラス戻り)もあります。

 

ラス押し(ラス戻り)とは?

最後の押し目、最後の戻りの事を言います。

 

図で説明した方が分かりやすいので、下のNZドルのチャートをご覧ください。

 

オレンジ色がレジスタンスライン(抵抗線)で、白い丸で買いにトレンド転換します。

そのまま上昇するのではなく、ラス押しが入り赤丸の所まで一度下がり、ここから再度上昇するパターンです。ラス戻りはこの逆の事をいいます。

ビットコインがちょうど日足で逆三尊になりかけていますが…

(ラス戻りじゃなく、ラス押しですね。笑)

いま、【えみのFX】のほうでも、NZドルがラス押しになるかどうかの局面になっています。

【えみのFX】NZドル/円 見通し・状況説明

2018.12.25

 

ただ、三尊天井・逆三尊は、相場のトレンド最終局面に出てきます。そしてかなりの高確率でトレンドが転換しますので、必ず覚えておきましょう!

 

【えみのFX】公開運用やっています!

FXで公開運用を始めます…!!『えみのFX』

2018.11.10

 

分析3 ◁     ▷ 分析5

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です