相場の種類・分析方法-3 窓(まど)は埋める

こんちゃ!
えみです(emicc4)

【えみのFX】公開運用が始まって1週間ほど経ちました。

満を持してのスタート。さぞかし経過順調かと思いますが、結果の方はというと…

 

2回の損切り。(ずぅぅぅ…ん)

 

出だしはイマイチ。
だけど、逆指値を出しているので、そこまで損失は出ておりません。ただ、限られた資金の範囲で運用していますので、慎重かつ大きなトレンドに乗れるよう頑張ります!

 

さて、
本日(12月20日)の早朝、NZドルは随分と下がりましたが、下げ方がおかしかったですよね。

 

「ん・・・。あれっ?」

 

と思われた方もいたのではないかと思います。

百聞は一見にしかず。今日のNZドルチャートを5分足で見てみましょう。

黄色い矢印のところに注目してください。ローソク足が繋がらずに空間ができていますよね。この空間のことを「窓(まど)」と呼びます。

 

そしてこの「窓」は通常、埋めます。

 

窓は埋める。どういう事かというと、開いた空間を閉じる動きをするという事です。過去に窓ができたときの、その後の値動きを見てみましょう。

 

 

 

この後、どうなったかというと・・・

 

 

 

今朝のNZドルは、久しぶりに「窓」があいて下がっていたので、上がったところで新規売り待ち伏せ作戦でした。(あと10pipsの差で通らなかったんだけどね…。)


Ryo@FPさん

そう頻繁には出現しませんが、
「窓」が出たときはチャンスなので、覚えておくと便利ですね ♪

 

分析2 ◁     ▷ 分析4

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です