相場の種類・分析方法-2 ローソク足の優先順位

こんちゃ!
えみです(emicc4)

前回に引き続きFXの分析方法シリーズ第二弾です。前回の投稿に反響があったのか、嬉しいことがありました!

ツイートでアップするとさっそく反応が…。Twitterでは、テクニカル分析などは、なかなか細かいところまでお話することがなかったので、こういった反応はすごい嬉しいです。

というか、自分が思っていた以上に需要があるんだと思い、びっくりしている部分もあります。

特に同じ女性から聞かれると嬉しさ倍増です♡ 先ほどももこんなやりとりがありました。

という事でさっそくブログにあげようと思い、調子に乗って連投投稿。笑笑~

 

 

ローソク足は長い足が優先

トレードをやっている皆さんは普段、どのぐらいの期間のローソク足を見ていますか? 特に正解はありません。デイトレやスキャル中心でトレードをしている方は、1分足や5分足など短い足を見るでしょうし、スイングトレードなどは1時間、4時間、日足などを中心に見るかと思います。

 

ただし、原則としてローソク足は長い足をみるのが基本です。

 

たとえば…下のような動きをしている2つの1時間足チャートがあったとします。(ローソク足ではありませんが)ここで質問です。AとBでは、今後どちらが上がる可能性が高いでしょうか?

正解は「長い足をみる」です。このAとBは全く同じ形なので、これだけでは分かりません。

ちょっと意地悪な質問でしたね。どういう事かというと、上のチャートは1時間足と言いましたよね。ではAとBのそれぞれの日足チャートを見たときに、たとえば下のような形だったとします。

長い足(日足)ではAが上昇相場、Bが下落相場になっています。長い足が優先となりますので、正解は「A」の1時間足が上昇する可能性が高いという事になります。

なので、仮に「B」の1時間足の買いで利益が取れたとしても、一時的なものなので要注意だという事です。

※ボリンジャーバンドなども同じことがいえます。

 

えみ
一見同じように見えても、「木」を見て「森」を見ずではダメだって事だね!

クミチョー
な、なるほど・・・!
 

是非、参考にしてみてくださいね☆彡

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

emi☆ミ

現役ナースのかたわら、投資で収益を上げています。20歳に株式投資を始めて、その後商品先物、FXへ。2017年には暗号通貨の世界に入り込みました。主に暗号通貨、FXに関しての情報配信。たまーに、ちょっとHな温泉レポも…笑