【えみのFX】注文の種類と出し方

こんちゃ!
えみです(emicc4)

前回に続いて今回もシステム操作の説明です。今回は注文の出し方について説明したいと思います

えみ
ここをマスターすればもう大丈夫!クミチョーも立派なトレーダーだわ☆

クミチョー
おぉ・・・トレーダー。いい響き・・・!

今回はスマホ用で説明させていただきますね。画面はすべてDMM FXの口座になっていますが、注文の種類などは他のFX口座でもだいたい同じかと思います

 

ログイン後の画面の「トレード」をくりっくしましょう。そうすると下のような画面が出てきます

 

⓵をクリックすると、通貨の変更ができます。ここではNZドルで説明していきますね。まず新規の注文ですが、売り(値下がり狙い)は青丸、買い(値上がり狙い)は赤丸です。今回は買いを選びます

 

新規の注文種類は全部で5つあります。ですが基本、⓵と➁しか使いません。一応、すべて説明しますが➂~⓹に関しては予備知識程度で構わないかと思います

① 即時(ストリーミング)…瞬時に買います(売ります)入力箇所は2点です。「売り」か「買い」かを選択、注文数量(Lot)を選択。※スリッページに関しては2.0のままいじらなくて結構です

➁ 指値(さしね)、逆指値(ぎゃくさしね)…値段を指定して買います(売ります)逆指値は〇〇以上で買う、〇〇以下で売るという本来と逆の値段指定となります。(下の画面の黄色矢印)

 

さらに画面の下に有効期限がありますので選択します。その下の利食、損切はいじらないでOFFのままにしておいてください

えみ
ここまで覚えたらばっちりだね!決済するときは該当するポジションがあれば、それをくりっくして基本的には新規注文と同じ要領だよ

クミチョー
なるほど・・・。あとは実際にやってみて慣れるのみだな

 

予備知識

➂ IFD(イフダン)…2つの注文を同時に出します。たとえば現在77.50円のときに「77.00円になったら買って、成立したら78.00円で売る」というような注文のことです

④ OCO(オーシーオー)…これも2つの注文を同時に出します。たとえば現在77.50円のときに「78.00円以上になったら買う。さらに76.00円以下になったら買う。」というような注文です。どちらか一方の注文が成立したら、もう一方の注文は消滅します

⑤ IFO(イフダン・オーシーオー)…➂と④を合体させた注文です。たとえば現在77.50円のときに「77.00円になったら買って、成立したら78.00円で売る(利確)さらに76.00円になったら売る(損切り)」というような注文です。

えみ
まぁ、➂~⑤に関してはあまり使わないので、知識程度でいいかと思うよ!

クミチョー
たしかに・・・。頭がパンクしそうだ・・・。

 

以上でシステムについて、おおよその説明とさせていただきます。何か質問がある方はTwitterにてDMくださいね

 

 

最後に・・・

スイングトレードとは基本、待ち伏せ作戦のトレードです。トレンドができたらそれに乗っかります。逆に言うとトレンドができなければ、できるまで待ちます

そして、トレンドができずに膠着状態が長ければ長いほど、トレンドができたときに爆発します。このように・・・

そしてスイングトレードで大事なのは銘柄選びです。出来高がある程度なければ通用しません。取引量のないアルトコインにスイングもへったくれもありません

ビットコインだから通用するのであって、他のアルトコインでは大部分が不適格です

今回、為替FXでスイングトレードによる実践を行いますが、慣れてくれば株やビットコインなどにも応用できますので、ぜひ学んでもらえれば幸いです!

えみ
スイング、スイング~♪
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • システムに関してはやって慣れるしかないかな。笑
    ストリーミング注文と指値注文だけ使えるようになれればOK!(^u^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です