『ノアプロジェクト』壮大なプロジェクトの軌跡 その2

こんちゃ!
えみです。(emicc4)

今回も前回同様、ノアプロジェクトの軌跡について書き綴っていますので、ぜひご覧ください!!

 

5月
Twitterを始める(For Noah)

 

1人で情報収集するには時間がかかるし限界もあります。皆さんもそうかと思いますが、私も普段は働いているので、1日のネット利用時間も限られています

今までは空いた時間を利用して1人で調べていましたが、ほかに何か良い方法はないものだろうか…と考えた結果

 

そうだ・・・!Twitterをやろう!!

 

で・・・。やってみて分かったのですが、line、YouTube、その他のサイトに比べて、Twitterは情報が早い!たまにデマもありますが、概ね欲しい情報がすぐ手に入ります

えみ
なによりも、仲間ができたのが一番嬉しかったですね!同じ道を歩む戦友「ノアクルー」と情報共有したり、苦楽を共にできる事がなにより楽しい…♡

クミチョー
えっ・・・? それってワイの事!?

haru-ka
ワイじゃなくて…!ムキオでしょ…www

カイジ
ムキオ…ww  誰が名付けたのか、ナイスネーミング…!www

えみ
こんな感じで。笑 

同時にこの頃から、ブログをやり始めました。インプットだけではなく、アウトプットして拡散していこうと思ったからです

ついでにブログによる収入もあれば…一石二鳥!笑

 

 

5月19日
NOAHチャンネル 動画配信スタート

ノアホルダーにはもちろん、世界中に向けてNOAHの活動を身近に伝えるために、20回の動画配信が行われる事となりました

運営から定期的にYouTubeにアップされる事となり、世界中に向けてノアコインに関しての最新情報が配信されています

カイジ
圧倒的な・・・! 普及!拡散!!

えみ
動画だと情報が目で見て確認できるから、ただ文章を読むよりイメージしやすいよね。

 

 

5月23日
Yobit 取引所に上場

 

ロシアに拠点を置く取引所Yobitに上場しました。ロシアにはライブコインに続いて2つ目の取引所となります

従来の通貨ペアに加えて、ドージコイン、ウェーブス、ルーブル(法定通貨)でもノアコインが購入できるようになりました!

クミチョー
またフィアット(法定通貨)で取引ができるようになったんだ・・・。

えみ
いよいよ「円」での購入にも期待が高まるよね…!

 

 

6月9日
インド 取引所に上場

 

今までイギリスに3つ、ロシアに2つの取引所へと上場されましたが、今回アジアの取引所へ初めての上場となりました

WazirX(ワジール・エックス)というインドの取引所

この取引所でもインドルピー(法定通貨)でノアコインを購入する事が可能です!

haru-ka
ちょっ・・・えみさん!!インド人凄いんですけど…www

えみ
そ、そうだね・・・はるちゃん!爆

 

 

6月12日
フィリピン・建国記念日

当初、この6月12日にノアコインの取引所上場が計画されていました。ですが、3ヶ月の前倒しでの上場。そして、その後も次々と欧州、アジアなどの取引所で上場されています

そしてこの日、ノア運営からは2つの発表がありました

 

① ノアウォレット、リリース

 

② Pay Remit 社との業務提携

 

 

 

ピンさん
おぉ~!ついにウォレット完成!!ノアノア~♬

moonride
ペイ…レミット…? この企業は一体どんな会社なのかな・・・?

えみ
フィリピン最大手の送金サービス社ですね。買い物はもちろん、公共料金や健康保険の支払いがノアコインでできるよ!

カイジ
あ、圧倒的…! 僥倖・・・!!

 

この日発表のあったノアコインのNEWSは、各メディアに大きく取り上げられています

 

 

6月30日
エアドロップ申請期限 終了

配当に関して、以下が公式からのアナウンスとなります

配当について》
・ノアコインは初年度20%の配当(次年度以降の配当は指数関数的に減少)が得られ、配当は40年間付与されます。
※一部でもエアドロップされたアドレスからトークンを移動したり、売却されたりすると、配当は受け取れません。

・初年度の配当は、Airdropでトークンを受け取ってから1年後に付与されます。次年度以降も、1年ごとに配当が付与されます。

・配当は、ICOプレセールおよびICOで購入頂いたノアコインの数量に対して付与されます。上場後に取引所から購入頂いた分につきましては、配当は一切つきません。

・トークン配布時に受け取ったアドレスから、ノアコインを一部でも他のアドレス宛に送付した場合は、それ以降の配当を受け取ることが出来ません。

・受け取った配当は、次の2通りの方法を選択することが可能です。
⑴配当をもらう元本はそのままにしておき、配当で得たノアコインを売却もしくは他のアドレス宛に送付する。(単利運用)
※元本の一部でもトークンを移動したり、売却されたりすると、配当は受け取れません。
⑵配当で得たノアコインを元本に加え、翌年度以降は複利で配当を受け取る。(複利運用)

3月から約4カ月にわたってのエアドロップ申請も6月30日をもって終了となりました。ただ、ios版ウォレットのリリースが直前であったため相当混乱しましたね

クミチョー
なんか以前にも同じような事があったような・・・

カイジ
歴史は繰り返す…!www

えみ
繰り返しちゃダメなんだけどね・・・笑

 

 

8月15日
コインペイメンツ ノアコイン取扱い開始

世界最大手の暗号通貨決済会社Coinpayments(コインペイメンツ)にて、ノアコインの取り扱いが8月15日よりスタートしました!

現在コインペイメンツを導入している国は182か国、販売業者は220万以上にのぼり、店舗およびウェブサイトで暗号通貨決済が可能となっています

 

 

8月28日
ノア【CEZA】で基軸取引所設立へ

この日わたしは、突然の発表に歓喜しました。前触れもなく、いきなり且つとてつもない発表に衝撃を受けました!!

8月28日リッツカールトン東京で、フィリピン・カガヤン州経済特区【CEZA】が暗号通貨ビジネスライセンスの事業説明会を開催ました

「カガヤン州経済特区では、フィンテックで世界の中心地となるようなクリプトバレーを目指す」と、カガヤン経済区庁 ラウル・ランビーノ長官・CEOは発表。8月にドゥテルテ大統領もカガヤン州経済特区を訪れフィリピンは暗号通貨大国を目指す方針であると言及

今回の説明会には、フィリピンを代表する暗号通貨、ノアファンデーションのアザム氏もパネラーとして出席。

そして・・・

 

ノアを基軸通貨とする取引所を、フィリピンカガヤン州経済特区【CEZA】に設立する事を発表

 

アザム
皆さん、お待たせしました!ノアが自社で取引所を持つ事をここに発表致します

えみ
やった・・・!!自社で取引所を持つ事により、コイン価値上昇の可能性も高くなります。さらに、事業の発展にも大きな広がりが期待できますよね!

 

 

10月13日
WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL 2018

ノアプロジェクトがメインスポンサーを務めるブロックチェーン祭典が、10月13日さいたまスーパーアリーナで開催されました

出演者には各専門家の方たちが集まり、講演内容も素晴らしいものでした。慶應義塾名誉大学教授、竹中平蔵先生から始まり講演のラストはマライアキャリーの特別ライブで締めくくられました

えみ
わたしも参加させていただきました。生アザムも見ることができて大満足。ノアのブースには長蛇の列ができて大人気でしたよ!

 

2016年に開発がはじまり今年、ノアコインはホルダーのもとへ無事配布されました。その後、独自のウォレット運用が可能となり、そして独自の取引所で間もなく取引が可能となります

そのほかのインフラ面でも、決済代行会社との提携が次々と決まり実需は着実と広がっています。2023年のノアシティ完成まではあと5年です

 

この記事を読んでいただいた方で、少しでもノアコインに興味を持ってもらえたら幸いです

私もあと数年、このノアコインの行く末を見守っていこうかと思っています!

ご拝読、どうもありがとうございました!(^u^)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

emi☆ミ

現役ナースのかたわら、投資で収益を上げています。20歳に株式投資を始めて、その後商品先物、FXへ。2017年には暗号通貨の世界に入り込みました。主に暗号通貨、FXに関しての情報配信。たまーに、ちょっとHな温泉レポも…笑