リップル(XRP)ってこれからまた値上がりするの???

こんちゃ!!
えみでーす!(emicc4)

いやぁ~リップル凄かったね!久しぶりの大暴騰!!

先週18日(火)に突如…すどーんときましたね。電話してよね~ってリップルさんに何度思ったことか… (´-ω-`)

その日だけにとどまらず、その後1週間続いています。少し落ち着いたように見えるものの、まだ値上がりはつづいていますね

リップルといえば、ブリッジ通貨として有名ですよね。私が暗号通貨に参入した当時(2017年7月)は20円前後だったけど、すでに半年ちょっとで30倍ぐらいになっていて、銀行はこれからリップルを使うという話を聞いて私もリップル買ったんだよね

ブリッジ通貨っていうのはその名の通り、橋渡しをする通貨ってことだね。ただ、どの通貨でもブリッジ通貨になれるかっていうと、そんなことはなくて、①送金速度が速い ②手数料が安い この2つは必須ですね

 

実際に現在、世界中の銀行がリップルによる送金テストが行われたりしています。昨年の12月に急騰した大きな理由の1つに、日本ー韓国間での国際送金に三井住友銀行、りそな銀行がリップルを使ったテストを行うという発表がきっかけでした

わたしの結論は今も昔も決まっていて、実需があれば必ず値上がりする。なんですね

言われてみれば当たり前ですよね? ただ本当に需要があるのかどうかを見極めるのが難しいんだと思いますね。たとえば、イーサリアムはスマートコントラクト機能(自動契約)が将来有望視されていて周囲の評価も高かったはずです

ところが、ICOの廃れからイーサの需要が少なくなっていくとの事で暴落…時価総額はリップルに抜かれて3位に転落してしまいました

 いま2000種類あるコインのうち、本当に実需があるのはどれぐらいあるのか…一握りなんだろうな~。まぁそれは数年後に答え合わせしてみようと思います

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です